9月第1例会です

281-1

281-2

281-3

281-4

 

今週、日本列島では大雨や竜巻による災害が発生しました。9月1日は防災の日ですが、3.11の地震から時間が経つにつれて、私もそうですが防災に対する意識が低下しているのでは無いでしょうか。是非、今一度皆さんの防災対策の見直しをお願いします。

では、9月第1例会の様子をご紹介します。

1.ロータリーの時間
橋本会員より、古河中央RCガバナー公式訪問の報告がありました。古河中央RCでは蛍の育成事業をされているそうです。水戸近郊で蛍が見られる場所っ て、どこにあるのでしょうね。古河中央RCでの長谷川ガバナーの印象は「恐い人」だったそうですが、公式訪問で長谷川ガバナーの人柄を理解して頂けた様で す。良かった,良かった。同行した水口地区幹事はだいぶお疲れのようで、古河からの帰りの高速道路では、ふらふらしながら走っていたとか。水口地区幹事、 くれぐれもお気を付け下さい。
2.会食
本日は和食です。
3.雑誌委員会
雑誌委員会から「ロータリーの友」の紹介です。皆さん、ちゃんと読みましょうね。
4.卓話 新世代のための月間に因んで「水戸市内小中学校の吹奏楽の現状」
水戸市教育委員会事務局学校施設課経理係長 黒須雅継様に卓話をして頂きました。
水戸市内の公立小中学校は、小学校33校、中学校16校の合計49校あるそうです。吹奏楽クラブは学内での活動だけで無く、地域活動にも参加しておりま す。また、個人の技能向上、チームとしての技能向上という面からも非常に教育効果がある活動です。楽器の購入予算として、小学校480万円、中学校300 万円、楽器の修繕費として小学校50万円、中学校100万円を計上しているそうですが、1校あたりにすると20万円弱の金額になってしまうそうです。楽器 は初心者用であろうと大人用なので、子供にとっては重く、誤って落としてしまったりしてしまうそうで、そう考えると修繕費が不足しているなぁと感じます ね。
今回の当クラブからの楽器の寄贈は、地区の補助金158,400円、ミリオンダラーミールにより捻出するクラブからの拠出金300,000円、合計458,400円で行うとのことです。(篠原幹事より)
5.その他
・ 兼子出席委員長より、本日の出席率、84名中57名出席で73.08%、先週の出席率は、メイクアップがあったので84.15%になったと報告がありまし た。また、清洲西原RCの宋さんが奥様同伴で9月1日から9月4日まで来訪された件の報告と、11月2日?4日、済州島で清洲西原RCとの交流を予定して いるとの連絡がありました。
・9月2日の理事会にて、ブレザーを皆で作りましょう、と決まったそうです。先般タイで作りましたが、これから作る方は日本で作るようです。
・新入予定会員についての連絡がメールボックスに入っています。HPの伝言板にも記載しています。
・9月13日?16日で、マニラ・バグンバヤンRC救急車贈呈式に佐藤衛パストガバナー他、計7名の会員が参加します。

では、9月13日の第2例会でお会いしましょう。

関連記事

PAGE TOP