クラブ概要

ROTARY:MAKING A DIFFERENCE

「ロータリー:変化をもたらす」

RI会長のイアンH.S.ライズリー、曰く。ロータリーとは「どのような団体か」ではなく、「何をしているか」で定義される。また、「ロータリーとは何ですか」という問いに、「私たちは行動をもって答えます。奉仕を通じて変化をもたらします」

創立(仮発会式)1973年5月4日
場所:水戸ガーデン
RI加盟承認1973年6月7日
チャーターナイト1974年2月10日
場所:茨城県民文化センター
スポンサークラブ水戸西ロータリークラブ
アディショナルクラブ水戸さくらロータリークラブ
姉妹クラブ清州西原ロータリークラブ(大韓民国 RI第3740地区)
友好クラブ高松西ロータリークラブ(香川県 D2670)
シーロムロータリークラブ(タイ・バンコク)
例会場水戸プラザホテル
例会曜日・時間毎週金曜日
12:30~13:30 (但し、最終例会は18:30~19:30)
2017~2018年度
クラブ理事・役員
役員
水越 光男 (会長)
鈴木 憲一 (会長エレクト・会員組織委員長)
小路 實 (副会長・クラブ管理運営委員長)
兼子 充裕 (幹事)
神代 学光 (会計)
菊池 秀機 (会場監督・会場運営委員長)
綿引 甚介 (直前会長)


理事
米森 厚 (職業奉仕委員長)役員
河野 正政 (社会奉仕委員長)
及川 譲 (青少年奉仕委員長)
石川 啓司 (国際奉仕委員長)
川﨑 紀子 (副幹事)
川澄千亜紀 (会員増強委員長)
赤岩 賢二 (広報委員長)
石井 浩一 (ロータリー財団委員長)
谷島 孝明 (米山記念奨学委員長)

クラブバナー

偕楽園は、天保13年(1842年)に、水戸藩第9代藩主徳川斉昭によって造園されました。
当初、入園出来る者は、武士と僧侶などに限られていましたが、次第に庶民一般にも開放されるようになりました。
およそ4千坪の園内には、約100品種・3千本の梅が植えられており、早春には多くの観光客で賑わいます。
梅の季節が過ぎると、桜が綻び始めます。初夏のキリシマツツジ、夏の盛りには孟宗竹や杉林の深閑とした世界、そして秋の萩、と四季折々に楽しむことができます。
当クラブのバナーは、偕楽園に建つ「好文亭」と「梅の花」をデザインしたものです。

PAGE TOP