会長挨拶

会長 小路 實

1.2019-20年度 RIテーマ

ROTARY CONNECTS THE WORLD

「ロータリーは世界をつなぐ」

マーク・ダニエル・マロニーRI会長は2019-20年度には、「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、「ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人々が手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いて行こう。」と呼びかけています。

2. RI2820地区 中村澄夫ガバナー方針

地区スローガン 「人、学びて更なる奉仕」
地区目標
1)クラブのサポートと強化
①会員増強
・各クラブとも2名以上の純増を目指す
・女性会員、40歳未満の会員の積極的増強
・ロータリーに入会するローターアクターを増やす
・新クラブを結成する
②ロータリー賞を受賞するクラブを増やす
③戦略計画によるクラブ強化、活性化をサポートする
④My Rotary、rotary.org、クラブセントラルなどの有効活用
2)人道的奉仕の重点化と増加
①インターアクター、ローターアクターがロータリークラブや地域社会と一緒に奉仕プロジェクトに参加する
②ポリオプラス、年次基金を増やす
③地区補助金、グローバル補助金を利用した地元や海外での効果的な活動を推進する
3)公共イメージと認知度の向上
①地域社会に発信する「ロータリーデー」を各クラブで開催し、ロータリーイメージの向上を図る
②地区ホームページ、クラブホームページの活用
③「ポリオ撲滅キャンペーン」や「世界を変える行動人」キャンペーンを推進する
4)青少年への支援と学友連携の強化
5)ロータリー財団と米山奨学会への支援
①ロータリー財団1人150ドル以上(年次寄付130ドル・ポリオ20ドル)
べネファクター 各クラブ1名以上
②米山奨学金1人25,000円以上(普通寄付5,000円・特別寄付20,000円)

3. 水戸南RC会長方針

各世代の会員がクラブ運営に参加し、思いやりの心をもって寄り添う事ができ「魅力のあるクラブ」を具現化し「品格ある昼の例会」「楽しい夜の例会」を目指します。

「魅力のあるクラブ」
ベテランの会員(特に会長、幹事経験者)はクラブ運営に対して若干距離を置いているように見受けられます。
寄付を含む積極的なクラブ運営への参加をお願いします。
具体策として会長、幹事経験者は今年度、アドバイザーとして各委員会に入っていただきます。
何卒、正・副委員長、委員に対して的確なアドバイスと内に秘めた実力を発揮いただき「魅力のあるクラブ」の構築に協力下さい。
中堅会員は現在、クラブ運営の中心となっております。理事、役員、委員長等クラブ運営の当事者として活躍いただきます。自身のポテンシャルを十分発揮し「楽しいクラブ」を私と共に創って参りましょう
クラブの若手は、能力の高い有望な人材です。クラブ運営では経験こそ少ないものの、間違いのない成長を見せてくれています。その会員が居やすく、楽しく、友人を誘いたくなるクラブ作りを今年度の目指すものとします。

「品格ある昼の例会」
水戸南ロータリークラブの例会は「気さくで、和やかな例会」と言われますが「私語、出歩きの多い緊張感のない例会」ともいわれています。地区内でも大型クラブで私たちのクラブをそろそろ高潔なクラブに舵を切り始めたいと思い何年も年が流れています。 努力したいと考えます。

「楽しい夜の例会」
昼の例会に対して、夜の例会は何処よりも楽しい例会を目指します。孔子の論語に「知好楽」という教えが有ります。楽しいことは知ること、好きなこと以上に自己のパフォーマンスを最大限にすると理解しています。出席率にも会員増強にも通じるものだと強く思います。

<クラブ目標>

1)第2820地区中村澄夫ガバナーの方針及び目標に基づき奉仕活動をする。
2)出席率向上のために会員としての意義を浸透させる。
3)会員増強は、いろいろな集会を率先して開催し、月1回を目標に開催する。
4)ロータリーデーの理解を深める、広くロータリーのイメージをアピールする。
5)マイロータリーの加入を促進し共有するテーマに従って進める。
6)会員の皆様と問題を共有し、理事会、家庭集会を通して積極的に進め、結束を高める。
7)戦略会議を開催しクラブの将来の展望についての方向性を討議していく。
8)当クラブとして不易流行を目指し「思いやり」と「気配り」を重点に成長して行く。

2019-20年度 水戸南ロータリークラブ
会 長 小路 實

PAGE TOP